「平成の洛中洛外図屏風」ダイジェスト版 Installation 2016
祇園祭をまったく新しい切り口で表現した、体験型コンセプトムービー

日本三大祭の一つ、京都 祇園祭のコンセプトムービー「平成の洛中洛外図屏風」をチーム谷四が制作しました。

祇園祭は京都祇園にある八坂神社の祭。貞観11年(869)に疫病が大流行した時、当時の国数に因んで66本の鉾を立て、祇園の神を祀り、神輿を送って厄除けを祈ったのが祭の起源。1100年続く日本で最も歴史ある祭りの一つです。一般には山鉾巡行が有名ですが、実は一ヶ月にわたって様々な神事、行事が繰り広げられます。祭りの歴史や見どころを、実写とCGなどを交え時系列に沿って紹介。呼び物の山鉾巡行は33基全てを新たに描き起こし、CGで現代絵巻として再現。言葉ではなく肌で感じて貰えるよう、ナレーションやテロップに頼らない構成にしました。京都を本拠地とする唯一の能のシテ方、金剛流若宗家 金剛龍謹さんの舞も見事です。

祇園祭の歴史や魅力を紹介する常設展示スペース「祇園祭ぎゃらりぃ」で上映中。 70インチの液晶モニター6枚を屏風状に並べた、横幅5メートルを超える(6.5K)迫力の映像を是非現地でご覧ください。

【AWARDS】
WorldMediaFestival Hamburg 2017 SILVER Award 受賞作品


祇園祭ぎゃらりぃ

京都祇園祭ぎゃらりぃ
京都市東山区祇園町南側551番地 漢字ミュージアム内(旧弥栄中学校跡地)
9:30~17:00(月曜休館) 入場無料(漢字ミュージアムは有料)
PRIVACY POLICY